VVIO脱毛が安い医療レーザー脱毛ランキング

 

Iライン脱毛のケア

 

Vラインの毛の手入れは日本でも一般化しており、当たり前のこととなってきました。そのVラインの脱毛を行うときに、Iラインの脱毛を一緒にしてしまうというケースも増えてきています。

 

Iラインというのは女性器周辺の毛のことです。日本ではまだ馴染みもあまりないので、ここの毛を処理するというのは少し抵抗も感じるかもしれませんが、海外ではもはやマナーとして当たり前の事となっています。Iラインの毛を剃る事には実はメリットも多いんですよ。

 

例えば、生理時のナプキンによる蒸れの解消にもなりますし、細いラインの下着や水着なども気にせず着けれるようになります。海外ではベッドマナーともされているようです。

 

Iラインの毛は自分で鏡を見ればなんとか自己処理できますが、かなりデリケートな場所ですので細心の注意が必要となってきます。また、抜こうにもかなりの痛みもありますし、カミソリなどでうまく剃ったとしてもまた生えてきたときのチクチク感は非常に不快であり、それが下着にこすれることでかゆくなってしまうこともあります。

 

Iラインのムダ毛の処理はエステサロンなどでしてもらうのが無難ではあります。ですがエステサロンでもIラインの処理は痛みも大きいので、痛みが苦手な方にはあまりおすすめはできません。

 

また、エステティシャンに性器を見せることになるので恥ずかしいという気持ちもあることでしょう。しかし今では一般化しつつある箇所です。みんなやっていると思って、数回だけ我慢しましょう。

 

Oラインの脱毛も同じ?

 

Vライン、Iラインの脱毛を行っている人は、同時にOラインの脱毛もしている事が多いです。Oラインというのは肛門のまわりのムダ毛の事です。

 

そんなところ、誰も気にしないし見ないし、と思うかもしれませんが、Iラインの毛の脱毛を行ったらやはり少ししかなくてもOラインの毛も気になってくるそうです。とはいってもほとんど自己満足の世界ではありますが。だからといって何度も恥ずかしいところを見せるのは嫌ですよね。

 

その為か、多くのエステサロンではV、I、Oラインの脱毛はセットになっている事も多いです。これなら恥ずかしい思いをするのも最小限にできますし、Iラインの脱毛前は気にしていなくても後から絶対といっていいほど気になってくるのですからいっそのこと全部やってしまったほうがいいかもしれません。

 

Oラインの毛といっても、普段全くといっていい程人の目に触れることもありません。まして自分の目でもしっかりと見るところでもありませんので、実際のところどのくらい毛が生えているのかなかなか分からないところですよね。

 

そんなところの毛を自己処理しようものならば非常に怖いものです。Oラインの毛はもうエステサロンや皮膚科などでお願いしてしまいましょう。

 

色素の濃い場所なので、さすがに家庭用脱毛器でもちょっと怖いものです。肛門を火傷なんてしてしまった日には恥ずかしくて人にも言えず、ひとり悶々と辛い痛みに耐えなくてはいけませんからね。

冷え性のタイプ!あなたはどれかな?

 

冷え性といってもタイプの違いがあるのを皆さんは知っていますか。そしてもしあなたが「冷え性だ」と思っているなら、どのタイプなのか知っていますか。

 

今まではきちんとしたメカニズムが解明されずにひとまとめにされてきた「冷え性」ですが、その正体と分類して症状によって見分け知ることで、自分の問題点がどこにあるのか明確になるのではないでしょうか。

 

そのため以下ではどのようなタイプの「冷え性」があるのかを分かりやすく解説していき、冷え性の人は分類されているどのタイプに当てはまるのか、自分の症状を考えながら照らし合わせてください。また、冷え性の対策にはこちらがおすすめです⇒http://xn--r8j5lpd4czds72wiev.com/

 

まず冷え性は大きく分けて皮膚の温度が上昇するタイプと低下するタイプの2つに分けられます。その内のまず1つめが、皮膚温度上昇タイプ(血管拡張型・ニュータイプの冷え性)にあたります。更にそこから2つに分類されるのですが「次世代型冷え性」これは手足はもちろん全身が寒く感じます。もう1つが「かくれ冷え性」足や手のほてりのみを感じて冷えは感じない症状です。

 

上昇タイプの反対にあたるのが、皮膚温度低下タイプ(血管収縮型・従来の冷え性)になります。こちらは5つに分類する事ができ、まずは「末梢血管収縮型冷え性」で、主に手や足先が冷え、秋から春に辛くなる症状です。

 

次が「内臓温度低下型冷え性」で、下半身が冷えて上半身がほてるという人もいるようです。3つ目が「甲状腺機能低下型冷え性」、基礎代謝の低下で低体温が特徴で、太りやすくなります。

 

「循環不良型冷え性」が4つ目です。甲状腺機能低下とは違って、体温ではなく血圧が低くなり、貧血を起こしやすくなります。

 

最後が「セルライト型冷え性」で、温度が低下するのは従来から見られた冷え性ですが、上昇するのは新しいタイプの冷え性です。どちらのタイプでも冷えは強く感じますが、皮膚の温度が上昇するタイプの人のほうが不思議と冷えを強く訴えます。

 

自分がどの冷え性なのか知ることは出来たでしょうか。知ることで対処法も的確に見えてくるはずです。自分の問題点もどこにあるのか分かったなら、日々の生活の改善にも役立ててみましょう。

日常生活から始められる手軽なダイエット法

一日のうちでダイエットすることができる時間をとることが難しいという人もいます。こうした人の場合は、日常生活の範囲で体重を減らすための努力をしてみるというのもひとつの方法です。

 

たとえば主婦の人であれば、普段の家事でも十分カロリーを消費しているのではないでしょうか。もちろんダイエット目的で家事をしているというわけではなく、あくまでも生活のために家事をしているのですが、ただ漠然とせずにちょっと工夫をすればダイエットとしての効果も期待できます。

 

たとえばキッチンでの皿洗いで、ただ立っているだけではなく軽く片足を後ろにそらすことでストレッチ効果があります。また、洗濯物を干す場合であれば膝を伸ばした状態でやるよりも膝を曲げながらスクワットをしつつ取り組んでみると良いでしょう。

 

こうした運動であれば家事をしながらでもすることができますし、カロリーも消費できます。この他、電車や自動車を使っているのを自転車にしてみたり、駅の区間を徒歩で歩いてみたり、といった方法も日常生活に取り入れることができるダイエット方法のひとつです。

 

エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うのも良いですね。夜の就寝前や朝の起床直後などは布団の中で腹筋やストレッチをしてみましょう。

 

トイレに行った際にはスクワットをしてみたり、腰をひねったりすることもダイエットに役立つ運動のひとつです。大切なことは、日常生活で意識して体を動かすようにするということです。

 

ダイエットのサポートにおすすめ!⇒内臓脂肪サプリと減らす方法!

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 VIO脱毛向け!医療レーザー脱毛安い順ランキング All Rights Reserved.