VVIO脱毛が安い医療レーザー脱毛ランキング

 

Iライン脱毛のケア

 

Vラインの毛の手入れは日本でも一般化しており、当たり前のこととなってきました。そのVラインの脱毛を行うときに、Iラインの脱毛を一緒にしてしまうというケースも増えてきています。

 

Iラインというのは女性器周辺の毛のことです。日本ではまだ馴染みもあまりないので、ここの毛を処理するというのは少し抵抗も感じるかもしれませんが、海外ではもはやマナーとして当たり前の事となっています。Iラインの毛を剃る事には実はメリットも多いんですよ。

 

例えば、生理時のナプキンによる蒸れの解消にもなりますし、細いラインの下着や水着なども気にせず着けれるようになります。海外ではベッドマナーともされているようです。

 

Iラインの毛は自分で鏡を見ればなんとか自己処理できますが、かなりデリケートな場所ですので細心の注意が必要となってきます。また、抜こうにもかなりの痛みもありますし、カミソリなどでうまく剃ったとしてもまた生えてきたときのチクチク感は非常に不快であり、それが下着にこすれることでかゆくなってしまうこともあります。

 

Iラインのムダ毛の処理はエステサロンなどでしてもらうのが無難ではあります。ですがエステサロンでもIラインの処理は痛みも大きいので、痛みが苦手な方にはあまりおすすめはできません。

 

また、エステティシャンに性器を見せることになるので恥ずかしいという気持ちもあることでしょう。しかし今では一般化しつつある箇所です。みんなやっていると思って、数回だけ我慢しましょう。

 

Oラインの脱毛も同じ?

 

Vライン、Iラインの脱毛を行っている人は、同時にOラインの脱毛もしている事が多いです。Oラインというのは肛門のまわりのムダ毛の事です。

 

そんなところ、誰も気にしないし見ないし、と思うかもしれませんが、Iラインの毛の脱毛を行ったらやはり少ししかなくてもOラインの毛も気になってくるそうです。とはいってもほとんど自己満足の世界ではありますが。だからといって何度も恥ずかしいところを見せるのは嫌ですよね。

 

その為か、多くのエステサロンではV、I、Oラインの脱毛はセットになっている事も多いです。これなら恥ずかしい思いをするのも最小限にできますし、Iラインの脱毛前は気にしていなくても後から絶対といっていいほど気になってくるのですからいっそのこと全部やってしまったほうがいいかもしれません。

 

Oラインの毛といっても、普段全くといっていい程人の目に触れることもありません。まして自分の目でもしっかりと見るところでもありませんので、実際のところどのくらい毛が生えているのかなかなか分からないところですよね。

 

そんなところの毛を自己処理しようものならば非常に怖いものです。Oラインの毛はもうエステサロンや皮膚科などでお願いしてしまいましょう。

 

色素の濃い場所なので、さすがに家庭用脱毛器でもちょっと怖いものです。肛門を火傷なんてしてしまった日には恥ずかしくて人にも言えず、ひとり悶々と辛い痛みに耐えなくてはいけませんからね。

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 VIO脱毛向け!医療レーザー脱毛安い順ランキング All Rights Reserved.